断食によるリバウンドの原因について

カロリーを全く摂らずにいると、体重は減少するでしょうが、身体に負担が大きく、リバウンドのリスクも高まります。痩せるために頑張ってダイエットを実践したのに、リバウンドをしては、何のために頑張ったのかわかりません。急に食事の量を少なくすると、人体は危機的な状態に陥っているのだと判断して、消費カロリーを減らそうとします。補給される食事の量が少なくなっても、栄養不足で身体トラブルが起きることがないように、代謝の低い体にするわけです。食事量が不足していると、筋肉もだんだんと少なくなっていきます。消費エネルギーが減った状態のままで、断食を終えて食事を以前の内容のものに戻すと、摂取量が多くなり過ぎてしまいます。

ダイエット中の食事制限で代謝が低下しているために、食事量をすぐに戻すと、カロリーが使い切れずに残ってしまうというわけです。余剰カロリーは、脂肪となって体の中にキープされますので、食事制限を経験したことで、脂肪が増えやすい体になります。食事を急に減らすと、リバウンドの原因になりがちです。ダイエットをした後にリバウンドのリスクがあるのは、食事の量を減らしたことで減った体重が、食事の量を戻したことで増えるからです。代謝の低い状態は、ダイエットのためにと食事の量を減らしてから、おおよそ1カ月程度は継続すると言われています。リバウンドを防ぐ為には、断食終了後に急に元の食生活に戻すのではなく、徐々に摂取量を増やしていくことが必要です。